• 高千穂鉄道

    高千穂鉄道

  • カシス畑の雪

    カシス畑の雪

  • グリュイエールの芋虫

    グリュイエールの芋虫

ごあいさつ

  • 「医と食」誌から依頼があって拙文を書きました。

     

    骨粗鬆症は骨の病気、関節リウマチは関節の病気だと考えられています。

    現在の医学は専門化していて、骨なら骨、関節なら関節だけを診る風潮があると思います。

    しかし、骨粗鬆症も関節リウマチも血管の異常を伴うことがあります。

    特に骨粗鬆症と動脈硬化の関係は深いのですが、我が国ではあまり問題にされていないように感じています。

     

    考えてみたらとても簡単な原理です。

    骨、軟骨、神経は血管からの栄養を受けて形態や機能を保っています。

    血管が衰えれば、骨も衰えて当然です。

    では血管はどのように衰えていくのか?

    血圧、コレステロール、血糖だけが問題ではありません。

    無機リンの問題があります。

    無機リン化合物の食品添加物許可品目数は、我が国は諸外国よりも多いのです。

    無機リンの過剰は骨にも血管にもダメージを与えることになります。

    ですから、骨粗鬆症を良くするためには、食事がとても大切です。

     

    以上のような内容です。

    ご興味のある方は別刷ができあがりましたら差し上げます。